「子育て」の正解とは?

「子育て」に正解を求めて
  
こどもと真摯に向き合うことから逃げるのだけはやめたい。
    
 
正解を求めるのは、楽しようと、逃げているだけだから。
 
 
人との関わりに、絶対の正解はない。
 
   
男だろうが、女だろうが、

今、どんな性格だろうが、 

今、態度がどうだろうが、
 
学力が高かろうが、低かろうが、
 
 
「こうすべき」「こうしなくていい」
   
なんて、決めつけは、ただ可能性を奪うだけ。
  
  
こどもは、いくらでも、出会いや出来事で変化する。
  
  
本人に合う、接し方も、勉強の仕方も、正解があるとしたら、それはひとつ。
   
  
こどもの言動に興味関心を持って、こどもと一緒に考え、試行錯誤すること。
 
  
よく観て、考えつづけることが親の使命であり責任。
  
 
私は、親として、聖人君子には生きれないし、生きる気もないけど、それだけはしっかり全うしたい。
  
   
それすらきちんとやらないで、誰か頭のいい人のやり方などに頼って、
   
たとえ、ハーバードに行けても、たとえ、大金持ちになっても、

結局、こどもの一番大切な、心の奥は、渇いたまま育ってしまう。
  
  
こどもが有名大学に行き、有名企業に入り、世間から「あの親はすごい」と、表面だけの世間体が、子育ての成功ではない。
 
 
それはもう、世の中を観ても、明らかなこと。
   
 
「子育て」で大切なことは…

親が、こどもの心の「お守り」になること。
  
親の愛を求めなくて済むほど、こどもの心の中に、自然といる関わりをすること。
  
 
それは、こどもを経験した大人なら、誰もが、本当は気づいてるはず。
 
 
   
私は、この強い思いを信念に、
  
『マザーズコーチングスクール』をつくり、
  
約7年間、マザーズティーチャーたちと考え、学び続けてきました。
 
  
「継続は力」なり。

  
今では、「マザーズコーチングスクール」を批判する人はいなくなったし、
 
「マザーズコーチングスクール」の思いは、たくさんのマザーズティーチャーと大きく、強く成長した。
 
 
長い年月が「本物」であることを証明しました。
 
 
あとは、文化になるまで、きちんと質高く継続し、定着させていくだけ。

それを「後2年」で、必ず成し遂げる。
  
   
親が、心に余裕が持ちにくい、今の世の中にこそ、
 
「マザーズコーチング」が、地球の救世コンテンツになると、私は確信しています。
 
マザーズコーチングスクール
代表 馬場啓介

  
◇マザーズコーチングスクール
https://motherscoachingschool.com

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3069258863133522&id=100001483156234

馬場啓介コーチ Facebookより

━━━━━━━━━━━━━━━

この子育てに「正解」なんていうものはなくて、

それはこども一人ひとりみんな違うから。

「正解」という白黒だけの世界で物事をみて、子育てをしてしまうと、こどもの個性、自信、可能性、未来を奪う危険性が高くなります。

それは私たち、親にとっても一緒。

お母さん(親)一人ひとりにも、個性があって、可能性も未来もある。

だからこそ、正解を追い求める思考で、

『今、目の前にある関係性を諦めないで欲しい。』

だからこそ、正解を追い求める思考で、

『今、目の前にある関係性を諦めないで欲しい。』

自分の子育て、こどもとお母さん(親)の間に、いかに暖かい関係性を築けるか、心地よいコミニュケーション、信頼関係を築くことへ集中できたら、

他の人と違っていても、何か言われても、

「私は出来ない」、「うちの子は出来ない」

という、ネガティブな思考を作り出してしまう機会がグンと減り、

その分、大切なこども、家族、人と笑顔でいるために、どうすれば?という思考に変化させることで、具体的な行動へ移せるエネルギーになる事を知って欲しい。

でも、人はすぐ変われない。

1回、1日で変われたら、世の中、子育てで悩む人なんていない。

「継続なくして変化なし。」

学び続けられる環境、意識続けることが、こども達の未来、自分の未来を変えていく。

お母さん(親)もこども達も胸を張って、

「自分の事が好きだ」

と言える人が増えることが私の願いです。

『 1番近くにいる大切な人を大切にするために』

私はこの意味をコミニュケーションを学ぶ事で知ることが出来きました。

そしてこれからも学び続けます。

こども達のために、家族のために、大切な人のために、自分自身のために

コミニュケーションを学ぶことを

『諦めない』

マザーズティーチャー
渡邉明日香

新型コロナウイルスの感染拡大を断ち切るため

新型コロナウイルスの、感染拡大を断ち切るために日本赤十字社のHP内のガイドに

新型コロナウイルスの
3つの顔を知ろう
~負のスパイラルを断ち切るために~

というのがあります。

この3つの中の2つ目、

第2の“感染症〟にふりまわされないために、に記載されている

『気づく力・聴く力・自分を支える力』が弱まる状態とは、

自分を客観視(俯瞰)出来る力が弱くなるということ。

さらに言いますと、上記の力が弱くなることで、自分の視野が狭くなり、偏った思考になりやすく、結果、自分自身を『孤独』に追いやってしまう、ということにも繋がります。

そして、それは瞬く間に人から人へ伝染していきます。

【孤独は伝染する】

「鏡の中のぼく」はこどもの孤独をなくす目的
に描かれた絵本です。

コーチングをベースに描かれたこの絵本は物語を通して、

まさに、第2の感染症にふりまわされないための3要素が随所に散りばめられています。

お母さん、お父さんには特に特に観ていただきたいです。

『大切な人を孤独にしないために』

『鏡の中のぼく』
https://youtu.be/kIL0ePsLqLc

作者・馬場啓介さんFacebookより
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2970029056389837&id=100001483156234

━━━━━━━━━━━━

新型コロナウイルスの
3つの顔を知ろう!
~負のスパイラルを断ち切るために~

第2の感染症がもたらすものが
「不安と恐れ」とあります。

第2の“感染症〟は不安と恐れですこのウイルスは見えません。ワクチンや薬もまだ開発されていません。わからないことが多いため、私たちは強い不安や恐れを感じ、ふりまわされて
しまうことがあります。
それらは私たちの心の中でふくらみ、
『気づく力・聴く力・自分を支える力』を
弱め、瞬く間に人から人へ伝染していきます。

第2の“感染症〟にふりまわされないために

★気づく力を高める
「まずは自分を見つめてみましょう」
・立ち止まって一息入れる。(深呼吸、お茶を飲む)
・今の状況を整理してみる。
・自分自身をいろいろな角度から観察してみる。(考え方、気持ち、ふるまいなど)

★聴く力を高める
「いつもの自分と違う所はありませんか?」
・ウイルスに関する悪い情報ばかりに目が向いていませんか?
・なにかと感染症に結び付けて考えていませんか?
・趣味の時間や親しい人との交流が減っていませんか?
・生活習慣が乱れていませんか?普段と変わらず続けられることはありますか?

★自分を支える力を高める
「自分の安全や健康のために必要なことを
見極めて自ら選択してみましょう。」
・ウイルスに関する情報にさらされるのを制限し、距離を置く時間を作る。
・いつもの生活習慣やペースを保つ。
・心地よい環境を整える。
・今自分ができていることを認める。
・今の状況だからこそできることに取り組んでみる。
・安心できる相手とつながる。

http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html

(日本赤十字社HPより)

人生初のラジオ出演・鏡の中ぼく 埼玉講演会

本日、クローバーラジオ『まいぷレイディオ!』毎週金曜12:00~14:00生放送

13:15~13:30 「民子の部屋」のコーナー
でゲスト出演させていただきました。

初めこそ緊張しましたが、くのっちこと、久野さん(民子)のイケボ(イケてるボイス)&プロフェッショナルトークに、あはは、うふふ、とみんなで笑いながら、時には真面目に、

「鏡の中のぼく」についてお話させて頂き、

結構なお時間頂いていたのに、あっという間に終わってしまいました。

それくらい楽しかったのです😂

放送中に、久野さんの「鏡の中のぼく」の感想も聞けたことも、とっても嬉しかったです。

しかし、ラジオパーソナリティーってすごいなと。あのモチベーションを保ち続けながらのトーク、そして機材操作、曲を流しながらからの、またトーク✨プロフェッショナルの技を間近で見させていただいて、感動しました。

久野さん(民子)、丁寧に「鏡の中のぼく」埼玉講演会をご紹介下さってありがとうございました!そして、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました✨

☆.。.:・°☆.。.:・°☆.。.:*・°☆

「鏡の中のぼく」埼玉講演会 (新座市)

いじめ、孤独をなくしたい、こどもの未来のために何かをしたい、こどもの居場所を作りたい、コミュニケーション、コーチングに興味がある、

どなたでも、こどもに関わる全ての方にご参加いただける、お子様連れでも参加できます講演会です。

子育て中の方はもちろん
園、学校の先生
子育て支援に関わるお仕事をされている方
などなど

毎日、続々とお申し込みをいただいており、既に席の半分が埋まりました🙇🏼✨

気になる方は是非、お早めのお申し込みを✨

絵本付きがオススメです🍀
当日は、『作者の馬場啓介さんのサイン会』もあります✨

🐸詳細&お申込み🦉
https://peraichi.com/landing_pages/view/kagabokusaitamaniiza
 
『 未来を担う全てのこども達へ、~大人の私たちが「今」、出来ること~』
 
◼︎日時
2020年2月22日(土)
開場10:00、開演10:15

◼︎場所
ふるさと新座館(ホール)

◼︎ 料金
教材絵本1冊付き(1,200円相当)2,000円
絵本なし 1,000円
高校生以下 無料
※当日、会場での絵本の販売はございません。
  
◼︎ チケット購入 https://peraichi.com/landing_pages/view/kagabokusaitamaniiza
  
◼︎ お問い合わせ先
「鏡の中のぼく」埼玉講演会事務局
Mail: kagaboku.saitama@gmail.com

大切な人を大切に出来る自分へ

明けましておめでとうございます✨

昨年は沢山のご縁あり、日々、新しいチャレンジが出来た年でした。

皆様、本当にありがとうございました。

そして、本年もどうぞよろしくお願いします🙇🏼🗻☀✨

昨年、1年の最後の日に、

「私、1年頑張れたな!ありがとう!」

と、言える自分になれたことは、大きな変化の
現れだったなと感じます。

いい年だったなと感謝する年であっても、
来年こそは!と思うことはあっても、

自分自身に対して

「お疲れ様でした。ありがとう。」

というのは、今まではありませんでした。

自分を労り、自分を認め、そして、自分自身をも見守れる。

年末の寝かしつけをして、こども達が寝息を立てる中、そんなふうに1年を振り返りながら寝落ちした昨晩。

朝起きて、ふと、97歳の主人の祖母が昨晩、
背中が痛いと言っていたのを思い出し、

大丈夫かな…、背中さすったら少しは楽になるかなと。

自然に湧いてきた思い、感情。

「自分を大切に出来るから、大切な人も、大切な人が大切にしていることも、大事に出来る」

新年早々、トラストコーチングが掲げる、

『大切な人へ手を差し伸べられる自分へ 』

を感じながら、

益々、コーチングへの想いが高まっているのと、コーチとしての自分の在り方への
変化に静かに胸がワクワクしているのを
発見しました。

まだまだ続くチャレンジの年!

「誰と、どの様な関係性を築けたら」

を意識して、

今年の1年は更に大切な人の笑顔を増やすため、コーチングを沢山の方へ届けていきたいです。

TCS認定コーチ
MCS認定マザーズティーチャー
パートナーシップコーチ
渡邉明日香

マザーズティーチャーが伝えたいこと…

明日は我が身。

命より大切な存在のために

私達、親が、大人ができること。

そして、私達、マザーズティーチャーが伝えたいこと…。

マザーズコーチスクール代表
そして、「鏡の中のぼく」作者
馬場啓介 コーチの投稿より

「きれいな死に方」を検索して…
 
 
この悲劇は、学校や教育委員会の責任にしても何も解決されないし、もう期待してもいけません。
  
 
根本的な問題は、保護者である親が守れなかったこと。
    
この親の悔しさを思うと、胸が苦しすぎますが、我々が肝に銘じなければならないのは、
  
どんな親も他人事ではなく、明日は我が身であるということ。
 
   
こんな悲劇を、本気でなくす大人がいなければ、日本にも世界にも絶対に未来はありません。
   
     
私がコーチという職業に囚われている理由も、

私がコーチングという学問を広げることに使命感を持っているのも、
  
「コーチング」には、このような深刻すぎる社会問題を根本的に解決していく力があると信じているからです。
  
   
全国の多くのマザーズティーチャーたちが、仕事に子育てに本当に忙しい中、
 
何かに取り憑かれたかのように、本気で『鏡の中のぼく』を広げる活動をしているのも、
  
  
きっと私と同じ危機感と使命感を持っているからなのだと思います。
 
   
こんなニュースを知って、まだ、こどもとの関わり方を、本気で考えようとしない親、教育者がいることが私には疑問でしかありませんが、
   
   
それを疑問で終わらせることなく、こどもたちのためにも、
  
限界まで「こどもの孤独」をなくす活動を仲間たちとやっていきたいと思います。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2723044694421609&id=100001483156234

女児「きれいな死に方」と検索 学校の対応遅れ自殺未遂

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000065-asahi-soci