「人生を幸せにする最も重要なものとは?」

「幸福で健康な人生には何が必要か?」
 
世界で最も長い成人生活の研究の1つで75年をかけて行われ、現在も進行形であるこの研究。
 
ハーバード大学では、1938年に大恐慌の時期に、724人、10代から老年までを追跡し、2つのグループを対象にこの研究をスタートしました。
 
1つは、ハーバード大学に在籍する2年生
もう1つは、ボストンの極貧環境で育った少年達(1930年代のボストンでもっと問題の多い貧困家庭出身の人達、という理由で選ばれたそうです。)
 
「人生を幸せにするものは何か?」
 
地位や名誉、お金、業績なのか?
 
75年間研究し続けて、膨大なデータと様々な研究結果から、はっきりと分かったものがあると、 ハーバード大学成人発達研究の4代目ディレクター、心理学者でもであるウォールディンガー氏がTEDにてスピーチを2015年に行いました。
 
それは「身近にいる人との人間関係」
 
『私たちを健康に幸福にするもは人間関係に尽きる。』
 
【Good relationships keep us happier and healthier. Period.”】
 
また、これらの人間関係から3つの教訓を得たことも言っています。
 
1.周りとのつながりは健康に本当に良い(脳、身体、老化など)
 
2.孤独は命取り、幸せを感じにくく、健康の衰えも早く、脳機能の減退早くさせる、孤独でない人より寿命が短くなる
 
3.家族、友人、コミュニティでよく繋がっている人ほど、幸せで身体的に健康で、繋がりの少ない人より長生きをする
 
これは、友だちの人数や、パートナーがいる、いないにかかわらず、
 
『もっとも重要なのは身近な人達との関係性の質。』
 
“It’s not just the number of friends you have, and it’s not whether or not you’re in a committed relationship,” but rather, “It’s the quality of your close relationships that matters.”
 
ということも言っています。
 
スピーチの後半では、人間関係はとても複雑で大切な人との関係をうまく維持していくのは至難の業としながらも、75年に渡る研究で繰り返し示された最も幸せに過ごしてきた人は、

「人間関係に頼った人々だった」と言い、

「あなたの人間関係に頼る、とはどういうことなのでしょう?」と問いを残しています。
 
最後にマーク・トウェインのこんな言葉で締めくくられていました。
 
There isn’t time, so brief is life, for bickerings, apologies, heartburnings, callings to account. There is only time for loving, and but an instant, so to speak, for that.
 
「かくも短い人生に 諍い 謝罪し 傷心し 責任を追及している時間などない 愛し合う為の時間しかない それが例え一瞬にすぎなくとも」
 
The good life is build with good relationships.

「良い人生は良い人間関係で築かれます」

by ウォールディンガー

大切な人との関係をうまく維持していくのは確かに至難の業です。

しかし、そこには沢山の選択肢があります。
 
その一つとして、「コミュニケーション(コーチング)を学ぶ」ことがあります。

そんな私も以前は育った環境や経験、そして実際に周りの人からもコミニュケーション力が高いと言われていたので、自信をもって履歴書に書いていましたが、

コーチングを学び、日常の生活に生かすことで感じる自分と周りの変化に本当の意味での

「高いコミニュケーション力」と
「優しさ」を知り、

死ぬまで終わりない人間関係をより良い状態にするため、身近な大切な人を大切に、自分自身を幸せにするための努力は惜しまない、これが私の生きる信念となりました。

ロバート・ウォールディンガー「人生を幸せにするのは何?」

「あなたの人生をより幸せなものにするめに、あなたは誰との関係性をより良くしていきたいですか?」

【人間関係にフォーカスしたコーチング】トラストコーチング

あたたかい人間関係を築くために、精神論ではない科学的根拠のあるデータをもとに、具体的かつ、効果的なコーチングを体型立てて学ぶことができるプログラム

トラストコーチング「大切な人を大切にするために」

トラストコーチングスクール

TCS認定コーチ

渡邉明日香