虹プロのJ.Y.Parkとトラストコーチング(TCS)の共通点

昨晩の「マツコ会議」

あの虹プロのJ.Y.Park さんが出演。

マツコ
「褒めるところは褒めて、もっと努力したほうがいい所は厳しく指導する。
すごく真っ当なことをされている。

ただ、それって面倒くさいのよ。
だから、みんな面倒くさがってやらないのよ。

それをすごいちゃんと(丁寧に)やられている方なんだなって。」

【若い子と対峙する上で何を1番心がけています?】

J.Y.Park

「褒めるのも叱るのも、どっちもその人の事をしっかり知っている事が大事です。

しっかり知らない上で評価したら、全然効果がないです。

だから始まりは、その人への関心と愛だとおもいます。」

マツコ

「ちゃんとその人を理解してあげようっていう心があって、ちゃんとやったらできるってことなんだから。魔法はないのよ。だから、すごく手間のかかる作業をやられているのよ、それが見えたから、みんな心が動いたんだと思う」

虹プロオーディションの時のメンバーの目の輝きについて

J.Y.Park
「人は自分を信じることが出来れば、自信と余裕ができます。自分への信頼を生み出すのは練習量です。

練習量と自己管理が十分で自分を信用出来たとき、目は輝きます。」

もう、内容がまさにトラストコーチング、マザーズコーチングが届けている、

コミニュケーションの最大のポイントとも言える、

【相手に興味を持つ】

【自己信頼】

と重なっているところが多く、

更にJ.Y.Park 自身の在り方も話されていて、

すごい人!!なんだけど、そう思わせない、しっかりとした見せ方もめちゃくちゃ考えれていて、

この人(J.Y.Park)の事、もっと知りたいなと思いました。

いや、本当にマツコのいう、「かわいい人」っていうの、分かる😂

そして48歳とは思えない✨会って話を聴いてみたいなあと、本気で思う1人です。

.☆.。.:.+:゚+。 .゚・..☆.。.:*
個人向け講座・受講受付中

◇トラストコーチング
コーチングを体感しながら学ぶ専門スキル~自己信頼を高め、大切な人を大切にする自分へ
https://asukawcoaching.com/coachingservice/tcs/
 
◇マザーズコーチング
ママが子どものために学ぶ、可能性を広げるコミュニケーション講座
https://asukawcoaching.com/coachingservice/mothers/
 
◇パートナーシップコーチング
パートナーと共に生きる喜びを
https://asukawcoaching.com/coachingservice/pertnership/

9月の受講は満席となりました✨
ありがとうございます🥰

10月の受講可能日
10月1日  (木)
10月2日(金)
10月3日(土)満席
10月4日(日)満席
10月5日(月)
10月6日(火)満席
10月8日(木)
10月9日(金)
10月10日(土)満席
10月11日(日)満席
10月14日(水)
10月15日(木)
10月16日(金)
10月18日(日)満席

時間:10時~15時

夜間、19日以降のご希望の場合でも、お気軽にご相談ください。

🍀コーチングに興味があるけど、なんだかよくわからない。

🍀どの講座が自分にあっているかわからないから、おすすめを聞きたい。

🍀コーチと相性が合うか、先に話をしてみたい。

などなど、

無料説明会(30分)も随時募集していますので、こちらご希望の方もお気軽にご連絡ください。

ご興味、ご受講希望の方はメール、

✉ asukacoaching@gmail.com

または

渡邉明日香 公式Line より
 
https://lin.ee/FBIC55W
 
または【@aum9851s】で検索
 
登録後、お問い合せ内容をお送りください。
  
例:渡邉明日香 マザーズ受講希望
  
ご受講方法は現在、全国オンラインでのみとさせていただいております。海外からもok✈
 
携帯、PC、インターネット環境があれば大丈夫です。ご不安な方は事前に一緒に確かめることも可能ですので、お気軽にお伝えください。

その他、お問い合わせ等もお気軽にご連絡くださいませ😊

満たされた!!

本日、マザーズコーチング、ベーシックを開講しました。

久しぶりに履いたヒールで足が痛くたって、雨で足がびちゃびちゃになったって、湿気で髪の毛、クタクタだって、

受講後の笑顔と、

「学ぶのって楽しい!こういった知識って知ってるのと、知らないのでは子育て以外にも、大きな違いが出てくると思う!

どこにもなかったよね!テンション上がる~!」

との、言葉に

これから、共に一緒に学び合える仲間に出会えた幸せと、コーチングの可能性に

心が満たされた私でした❤

マザーズティーチャー
渡邉明日香

【娘が泣かされた】

昨日の「鏡の中のぼく」の読み聞かせ後、実はこんなうちの娘にこんなストーリーがありました。

イベントが終わり、片付けをしていたら、スクリーン前の広場で遊んでいた娘が、少し大きな男の子と取っ組み合いのケンカをしていました。体の小さな娘は男の子に投げ飛ばされ、泣いてしまいました。

泣く娘を見て、男の子は

「オレの方が大きいし強いんだから当たり前だ!」と言っていました。

泣きながら私の所へ来た娘に痛いの痛いの飛んでけ~をした後に、娘に聴いてみました。

「痛かったね。大丈夫?違う遊びする?」

すると、

「イヤ!まだ遊ぶ!」と言い、他の子と違う遊びへ。

少しして、また娘の発狂するような声が!!

また、あの男の子と!!

娘は「戦いー!!」と言いながら、男の子に食ってかかって、それに対して男の子は娘の胸ぐらを掴み、

「やるなら本気で来いよ!!お前なんか、チビで~#*☆%」

2人に近づき、ちょっといいかな?と、娘を一旦呼び寄せ

「○○(娘の名前)大丈夫?」

と娘に聴くと以外なこたえが

「鬼ごっこだから大丈夫!!」

!!!!!!

なんと!

娘にとったら、私が思っていた2人のケンカは鬼ごっこでした!!!

そうか!

娘が「戦いー!」と言っているのも、鬼ごっこの延長で、年上のお兄ちゃんと遊びたいだけなのかも。

娘に「もしかして、戦いって、鬼ごっこのこと?もっとお兄ちゃんと遊びたいのかな?」

娘「うん。」

私「そっか、そっか、お兄ちゃんと仲良く遊びたかったんだね。」と。

そして、こちらをずっと見ていた男の子へ話しかけてみました。

私「お兄ちゃん何歳?」

👦「7歳!小学生2年生。」

私「そっかー。この子○○(娘に名前)っていうんだけど、今2歳なんだ。」

👦「オレにも3歳の弟がいる!」

私「そっかー、その3歳の弟くんはお兄ちゃんみたいにお話を沢山できるかな?」

👦「うーん?」

私「○○(娘)はね、大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんと遊ぶのが好きなんだ。でも、まだお兄ちゃんみたいに沢山の言葉を知らないから、上手く一緒に仲良く遊びたいって言えなかったみたい。

戦いって言ってたのも、お兄ちゃんケンカじゃなくて、仲良くしたいってことだったみたい。」

男の子の表情が一瞬にして変わりました。

👦「え?仲良く遊びたかったの?いいよ!」

娘「遊ぶ~!」

私「戦いごっこも楽しいけど、今度は優しく一緒に遊んでくれたら、嬉しいなあ。お兄ちゃんはどうかな?」

👦「なんだー、優しくかあ!いいよ!じゃあ、こっちで遊ぼう。」

私「お兄ちゃん!ありがとう✨私もすっごい嬉しい!よろしくね💕」

取っ組み合いをしていた2人とは思えない、まるで、王子様がお姫様へ手を差し出すかの様に優しく手を差し伸べてくれた男の子。そしてその手を握り遊び場へ向かう娘。

ママはそんな瞬間を見て、キュンキュンしちゃいました💓✨

初めて自分の子ども以外の子どもとも、こんな風にコミュニケーションを取る事が出来ました。

マザーズコーチングを受ける前なら、間違いなくこんなコミュニケーション取れませんでした。

男の子に対しても、娘を泣かしたイヤな子どもと決めつけ、娘に対しても気持ちも確かめず、遊びを止めさせ、娘を連れてその場を離れるか、帰ってるかをしていたでしょう。

このやり取りが正しい、正しくない、こうした方が良いとかとかではなく、100人いれば100通りの対応、コミュニケーションの方法があります。

他のママ、パパ、ティーチャーさんだったら、あの男の子や娘と、どうコミュニケーションを取ったのだらろうと。

きっとまた私とは別な視点で、沢山の事を気づかせてくれるだろうなあと、楽しそうに遊ぶ2人の姿を見て思いました。

帰りの車で、「今日は1日何が楽しかった?」と言う質問に娘は

「お兄ちゃんと鬼ごっこ!ゴロンってなって、頭、痛い痛いになっちゃったけど、鬼ごっこだから!!」

と。

私「そっかー。痛い痛いになったりもしたけど、鬼ごっこだからかあ。それでも嫌な気持ちにならなかったのはどうして?」

娘「鬼ごっこだから!」

そっかー。鬼ごっこ最強だなと(笑)

私「それで楽しかったって言うのはお兄ちゃんには伝えられた?」

娘「帰るから居なくなっちゃった。」

そっか、それは残念だったね。また、会えて仲良く遊べるといいね、と。

帰宅後、パパにも嬉しそうにお兄ちゃんと鬼ごっこした話をする娘を見て、投げ飛ばされても遊びたいという根性と、嫌な気持ちにならないという度量、それは受け取り方、見てる視点が全く違うことを教えられ、我が娘ながら凄いな✨と、思った渡邉家のアナザーストーリーでした。

【大切な人に手を差し伸べられる自分になる】
🍀トラストコーチングスクール(7時間)
https://trustcoachingschool.com/contents/

【仕事も育児も後悔しない私へ】
🍀マザーズコーチングスクール(4時間)
https://motherscoachingschool.com/class/

トラストコーチングスクール認定コーチ
マザーズコーチングスクール認定ティーチャー
PPA認定パートナーシップコーチ

渡邉明日香

バンコクで私を引き上げてくれた上司の言葉

専門学校を卒業してすぐにタイのバンコクへ移住した私。

小学生の頃から「海外で仕事をする」という夢を叶え、22歳でホテルのJapanese Assistant Managerとなったわけですが、知っている日本人は離れた本社にいる上司1人(女性)。

ホテルに日本人は私のみ。

軽く本社で仕事の説明はあったものの、引き継ぎも無く、前任者が残したマニュアルのみが頼りでした。しかし、マニュアル通りに全て進む訳もなく…。

着任早々、1週間目に事件が起きました。

なんとお客様の部屋に不審者が…。

1番の取引先の日系企業からの出張者の部屋に外部のタイ人が部屋まで後を付けてきて、ドアをノック。

お客様、確認することなくドアを開けてしまいました…。

幸いお客様に怪我などはなかったのですが、もちろん大問題となり、翌日には事件に合われた方の働く現地企業へホテルの総支配人、副支配人、営業マネージャーと私の4人で謝罪をしに行くことに。

事情を説明し、ひたすら謝る…
今後はこういうことがないようにと…

日本人の社長さんは、確認せずにドアを開けたうちのスタッフも悪いと言って下さり、それでもやはり心配にはなるからと当面の間は他のホテルを利用することも検討します、と、ここはまず穏やかに終息したのですが…

そんな中、トラブルは重なるわけで、同じ企業のホテル滞在者の方がスーツをホテルのランドリーに出したら、縮んでしまったとの苦情が。ヘビーユーザーのお客様。

そんな時に呼ばれるのがJapanese Assistant Manager。

そして、お客様から言われた一言。

「前はこんなことは起きなかった(不審者、ランドリートラブル)!!なんでお前みたいな頼りない奴が働けるのか分からない。前任者の方が良かった!!」

ちょいちょいちょい…と、ツッコミどころ満載ですが、面と向かって前任者と比較され、若いというだけで下に見られ、罵声を浴びせられて。

理不尽な怒りをぶつけられ、すでにバンコクに来たことを後悔しました。

その夜、こんな事で電話して良いのか迷いましたが、本社の上司へ電話しました。

その時に掛けてくれた言葉は、その後も色々と比較されがちな日々の中で、私を救い、勇気をくれました。

「あなたが仕事が出来ないのは、まだ始めたばかりだから。これから覚えてゆけば良い。これからも前任者と比較されることはあるでしょう。

でも、気にしないこと。

今後、他の人に出来ることが、あなたには出来ないことも出てくるかもしれない。でも、逆にあなたにしか出来ないことも沢山ある。だから、大丈夫。あなたはあなたができることを頑張れば良い。日々の積み重ねが大事よ。」

「大切なのは自分の現在地を知り、他者との違いを受け入れ、自分に出来ることをコツコツと。」

コーチングを学び、今、一番私にとって響くメッセージ。

あの時の上司が言ってくれた言葉にリンクしていることに最近、気が付きました。

上司がコーチングを学んでいたかは分かりませんが、その言葉は間違いなく私を引き上げ、その後の7年間、そして今でも私の心に寄り添ってくれています。

日本に帰国後、日本人だらけの企業で働き、その後、母となり子育てをしている中で出会ったコーチング。

今、改めて感じることは、人を育てる全ての場所にコーチング文化を。

家庭、教育現場、企業でも、人を育てる、人材育成には、コーチングを活用することで、よりスムーズに、深い信頼関係を築くためコミュニケーションを取れるようになることで、

「大切な人へ手を差し伸べられる自分になるために」

そして

「自分自身の広がる可能性のために」

新学期も始まり、新たなスタートとして、一緒にコーチングを学んでみませんか。

【大切な人に手を差し伸べられる自分になる】
🌸トラストコーチングスクール(7時間)
https://trustcoachingschool.com/contents/

【仕事も育児も後悔しない私へ】
🌸マザーズコーチングスクール(4時間)
https://motherscoachingschool.com/class/

トラストコーチングスクール認定コーチ
マザーズコーチングスクール認定ティーチャー
PPA認定パートナーシップコーチ

渡邉明日香