たいわ室:朝日新聞デジタルに!

たいわ室が朝日新聞デジタルに取り上げていただきました!

◆朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP2C5SF9P1QPTIL03D.html

昨朝、新型コロナの影響で小学生の15%以上に、中学生の24%、高校生では30%に、

うつの症状が出てきている(国立医療研究センター調査)というニュースを見ました。

何をやっても、考えても楽しくないと感じると、小学生の女の子が話していました。

その子のお母さんは、これがコロナ鬱か…、
どう対応していいかわからない…不安になってしまうと、答えていました。

コーチと何気ない話をするたいわ室。

目の前にいる子どもをありのままに受け止めるコーチとの時間は、

もう一回コーチとお話がしたい!
と、ほとんどの子ども達がリピートをしてます。

それだけ子ども達が「今」必要としている居場所です。

子ども達の心を守るために、
マザーズティーチャーの有志メンバーによる
たいわ室

全国の小中学生へ届きますように。

◆たいわ室
https://peraichi.com/landing_pages/view/taiwashitsu/

◆朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP2C5SF9P1QPTIL03D.html

◇マザーズコーチングスクール
お母さんが子どものために学ぶ、
コミュニケーションスクール
https://motherscoachingschool.com/

マザーズコーチングスクール
認定マザーズティーチャー
たいわ室応援隊
渡邉明日香

【ベストセラー1位に返り咲き】

『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』

現在、Amazon(児童心理)ベストセラー1位に返り咲いています!

それだけ、改めて今、また必要と感じてくれている人がいる✨

昨年末、久しぶりに会う大切な友人が

「明日香さんの投稿を読んでから、ずっと気になっていた、

『子どもの自己肯定感を高める天使の口ぐせ』買ったんです!

子育てに絶対に必要だから、パパと一緒に読もうって話して、ぽちってして、今、一緒に読んでいるんです。

これ、逆の悪魔の口ぐせ、あ~言っちゃってるってものばかりで、でも、天使の口ぐせに変える言い換えや、何故って知ること、本当に大事ですよね…。」

と、会う日に本を持って、この事を伝えてくれました。

夫婦で読んでくれているなんて😭✨
もう、泣いてもいいですか?ってくらい、嬉しかったです。

本を通して友人と旦那様の子育てに役に立てたと感じられたこと。

本を作る際に、全国のマザーズティーチャーが、もしかしたら子育てに悩んでいるかもしれないお母さんを救うことが出来るなら…、私の経験が誰かの為になるのなら…と

それがお母さんの笑顔、そしてこども達の笑顔に繋がる、未来に繋がると信じ、

マジでリアルな自身の「子どもの自己肯定感を下げる【悪魔の口ぐせ】」の事例を出し合い、

それらを

・褒める
・怒る
・励ます
・促す
・止める

シーン別に丁寧に分かりやすくまとめ、

なぜその悪魔の口ぐせを「天使の口ぐせ」へと
変えた方がいいのか?
どんな風に変えることが出来るのかの例を踏まえ、

マザーズコーチングスクール認定トレーナーの
白崎 あゆみ コーチ分かりやすく解説し、今すぐ使えるように書かれているのが、この本です。

ですが、

「こどもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ」は、このやり方が正しい、こうすればいい子が育つ! などの育児本ではありません。

マザーズコーチングスクールは、

「正しい子育てや、これをやればいい!」などを教えるスクールではありません。

「お母さんが子どものためにコミニュケーションを学ぶのスクール」です。
*男性の方にはペアレンツコーチングがあります。

10人お母さんがいれば10通りの子育てがあります。

しかし、伝える言葉1つ同じにしても、兄弟姉妹でも、伝わり方、受け取り方は1人1人違います。

子育てにはそれぞれの悩みがあり、
理想があり、想いがあります。

そんな、1人1人の大切にしたい想いに向き合いながら、

子どもの心の成長の芽を摘むことのない関わり、コミニュケーションとは、具体的にどういう事なのか?

それらを体感できるのが、
『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』
です。

まだ、読んだことはないという方は、ぜひ、近くの書店さんにて見てください😊

お母さんに限らず、お父さん、パートナー、ご家族、子どもに関わる全ての方へ、コミニュケーションを学ぶきっかけになったら嬉しいです😊

『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』
↓↓↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4837673295/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_dFbaGb67R75W9

Amazonより 内容紹介┈┈┈┈┈┈┈

★こんな〝悪魔の口ぐせ″使っていませんか?
「何回も言ったよね? 」
「こっちにしたら? 」
「ちょっと待って」
★子どもの自己肯定感は、親の小さな言動の積み重ねが大切
★無意識に使いがちな悪魔の口ぐせをへらし、
天使の口ぐせを増やせば、子どもも親も自己肯定感が高まる

ふだんの口ぐせを変えるだけで、子どもたちの心への響き方だけでなく、
お母さんが見る世界も大きく変わります。
何気なく使っている言葉が、親と子の自己肯定感を低下させる
「悪魔の口ぐせ」ではないか、確かめましょう。

本書では、お母さんが口にしがちな「悪魔の口ぐせ」を、実際の事例を参考に紹介します。
そして、そのような場合に口にするといい「天使の口ぐせ」を、具体的に示しています。

「こんな言葉がけもあるんだな」と、参考にしてください。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

マザーズコーチングスクール
「コミニュケーションを学ぶのは大切なあなたがいるから」
https://motherscoachingschool.com/

MCS認定マザーズティーチャー
渡邉 明日香

【感想】マザーズコーチング 40代 女性 Sさん

お子さんとの関わりを改めて見直すために、マザーズコーチングをお選びくださったSさんよりの感想です。(掲載許可いただいています😊)

Q1) なぜマザーズコーチングを受講しようと思われましたか?

親として、子供を守れていない自分に不甲斐なさを感じたので受講を決めました。

Q2) ご受講された感想をお聞かせください。


自分と子供の人生は別とわかっていたと思っていたけど、それを新たな視点で再確認させてもらえた。

Q3) マザーズコーチングをどんな人にオススメしたいですか?

子育てに悩んでる人
子供との接し方を模索してる人

Q4) マザーズコーチングを受けて、気付きや変化はございますか?

子供との時間を有意義に過ごせるようになった

Q5) これからコーチングを受けようとしている人に、メッセージを願いします。

自分を見つめ直すいいきっかけにもなります!

Q6) あなたから見た私(渡邉明日香)の印象を教えてください。


一生懸命に寄り添おうとしてくれる人

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

Sさん、ありがとうございました。

マザーズコーチングのテキストの中のあるページにハッとした、とアドバンスを終えた時に伝えてくださいました。

1番心に響くページや言葉、ワークは「今」その人が1番大切にしている価値やアンテナを知ることができるポイントでもあります。

マザーズコーチングは受講して終わりではありません。受講してからが「あなただけの子育てのスタート」です。

コーチングは継続する事でより価値や効果が高まります。

「意識する」ことを習慣化させるまで継続することがポイントなのですが、人の習慣化には時間がかかります。

①行動習慣…1ヶ月(試験勉強、ブログ、読書など)
②身体習慣…3ヶ月(ダイエット、早起き、筋トレ、ジョギング、禁煙など)
③思考習慣…6ヶ月(論理的思考、プラス思考など)

講座内でもお伝えしています、自分の無意識の悪魔の口癖に気づくのに3ヶ月

悪魔の口癖を天使の口癖に変えていく思考にするには6ヶ月

個人差はあれど、最短でも3ヶ月はかかります。

もし、数ヶ月して上手くいかない、忘れてきちゃった…「わたし、出来てない…」と思ったら、いつでもご連絡ください。

人は自分1人では、出来ていることも見えなくなる時もあります。そして、1人だけの思考だと、やっぱり偏りも出てきたりします。

コーチも同じです。なのでコーチもコーチをつけている人が多いです。

だから、そんな時は自分を責めずに、コーチを頼ってくださいね😊

受講後も楽しみながら続けられるように☆継続は力なり☆です。

トラストコーチングにも興味があると伝えてくださいました。また、ご一緒出来ることを心から楽しみにしています。

Sさん、ありがとうございました!

MCS認定マザーズティーチャー

渡邉明日香

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

マザーズコーチングご受講の方には、Facebookに受講者専用のページがあり、希望制でグループに入る事が可能です。もちろん無料です。

自分一人では限られてしまう視点をマザーズティーチャーの投稿から視点を増やしたり、相談出来たりします。ぜひ、ご利用ください。

1月のご受講も承っています。

🌟個人向けコーチングメニュー

◇トラストコーチング
コーチングを体感しながら学ぶ、
大切な人を大切に、自分自身も大切に
https://asukawcoaching.com/coachingservice/tcs/

◇マザーズコーチング
ママが子どものために学ぶ、可能性を広げるコミュニケーション講座
https://asukawcoaching.com/coachingservice/mothers/
 
◇パートナーシップコーチング
パートナーと共に生きる喜びを
https://asukawcoaching.com/coachingservice/pertnership/

🍀コーチングに興味があるけど、なんだかよくわからない。

🍀どの講座が自分にあっているかわからないから、おすすめを聞きたい。

🍀コーチと相性が合うか、先に話をしてみたい。

などなど、

無料説明会(30分)も上記日程以外でも随時承っていますので、こちらご希望の方もお気軽にご連絡ください。

ご興味、ご受講希望の方はメール、

✉ asukacoaching@gmail.com

または

渡邉明日香 公式Line より
 
https://lin.ee/FBIC55W
 
または【@aum9851s】で検索
 
登録後、お問い合せ内容をお送りください。
  
例:渡邉明日香 トラストコーチング受講希望
  
ご受講方法は現在、全国オンラインでのみとさせていただいております。海外からもok✈
 
携帯、PC、インターネット環境があれば大丈夫です。ご不安な方は事前に一緒に確かめることも可能ですので、お気軽にお伝えください。

その他、お問い合わせ等もお気軽にご連絡くださいませ😊

悪魔の口ぐせの事例

たいわ室 協力:埼玉県

【たいわ室 協力:埼玉県】

埼玉県では「こどもの居場所づくり」を目的とした、『こども応援ネットワーク埼玉』の活動に力を入れています。

今回『たいわ室』の活動に、埼玉県よりご協力いただけることになりました! 

「誰かに話を聞いてもらえることって、子どもたちにとって、すごく必要なことだと思います。」
 
と、この活動にご賛同、そして必要性を強く感じていただき、
 
”協力” という形で力をお貸しいただけることになりました。

「たいわ室」が始まったのは、これまでコーチとして小中学校へ「鏡の中のぼく」の授業を届け、長く関わらせていただいたことから、

このコロナの影響で休校や自粛生活を強いられていた子どもたちを心配する保護者や現場の先生方から、ご相談を頂いたのがきっかけでした。

子どもたちが無意識のうちに抱えてしまっているかもしれない、不安やストレスを軽減するために、コーチが専門とする

「対話」を通して何か貢献できないかと考え、全国のマザーズコーチングスクール認定講師9名が有志で集まり立ち上げました。

この活動は全国各地で広がり、現在、沢山の小中学生のこどもたちがオンラインにて、コーチと話をする経験をしています。

これから埼玉県でも、『たいわ室』をより多くのこどもたち、そして保護者の皆様、そして教育関係者の方々へも知って頂けるよう、県のご協力も頂きながら、更に活動に力を入れていきます。
 
親でもない、先生でもない、友達でもない、コーチとだから

「なんでも話せる場所」

コミュニケーションのプロであるコーチと話す
『たいわ室 』を体験することで、

「ただ、話を聴いてもらう」

ことが、どれだけ目に見えない孤独(不安・悩み)を小さくしてくれるか、これは、大人に限らず、子どもたちも同じだと思います。

そして、このコーチと話す経験をしたこどもたちは、

自分の「心の居場所」というものを、自分自身で作れるきっかけも得ることができるかもしれません。

『たいわ室』に関わるマザーズティーチャー、コーチは「こどもたちから孤独をなくす」ことを一番に願い、目指し、活動しています。

地域、社会全体で、こどもたちの心を守り、未来を守っていく。

この活動にご賛同、ご協力、応援いただけます方、企業、団体様(チラシの配布・設置など)、是非、ご連絡いただけますと嬉しいです。

たいわ室の詳細HPはこちらより↓↓↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/taiwashitsu

たいわ室
埼玉事務局
渡邉明日香

「鏡の中のぼく」学校の先生方へ

「鏡の中のぼく」の模擬授業を先生方が受けてくださるなんて…✨

先生方の感想…

なんか、本当に胸が、目頭が熱くなる…。

日本の教育が本当に徐々に、確実に変わり始めています。

このプロジェクトリーダーの上野一歩さんのFacebookより

.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*

【学校の先生方が『鏡の中のぼく』模擬授業を受けてくださいました】

伊万里市立滝野小学校中学校の先生方に
『鏡の中のぼく』の授業プログラムをお届けして参りました。 
 
 
7月に学校を訪問し
校長先生、教頭先生に
授業プログラムのご案内をいたしました。

そして後日
「校内研修が8月にあるのですが、そこで、学校の先生方に模擬授業をしていただけませんか。」とご依頼いただき、実施となりました。
 
 
初めてのことでドキドキしながらも
先生方が子ども役となり
子どもたちにお届けしている内容すべてを
見ていただきました。
 
 
印象的だったのは
ご自身の子どもの頃を振り返りながら重ね合わせながらお話されたり
今の心の内を話されたり
子どもたちの発言を予測しながら話をされたり
様々な反応をしてくださったことです。
 
 
日々
子どもたちと全力で向き合ってくださっている先生方の眼差しがとても真剣で、

もしかしたら、
この『鏡の中のぼく』の授業プログラムが、果たして本当に必要なのか、子どもたちに実施したいと思えるものなのか、今の教育の流れに合っているのか、などを見ていただいていたのかもしれません。
 
 
本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
実際にいただいたお声を一部紹介させてください。
ーーーーーーーーーーーーーーー
⚫︎今回の内容を意識できれば、今、子どもたちに身につけてほしい「生きる力」が湧いてくると思う。

⚫︎この授業の内容が浸透していくと、今課題となっている「学力」の向上につながっていくのではないか。

⚫︎この授業で1人じゃないんだという安心感を感じ、それが自信となっていくと思う。

⚫︎自分と共感することを学び、失敗からはい上がる力が出るのではないか。

⚫︎自己肯定感、自己有用感の向上につながっていくのではないか。

⚫︎悩みを抱えた子どもたちに何かしら響いてくれるかもしれない。

⚫︎特別支援教育のなかなかでも自尊感情を高める必要性があるので、非常に参考になった。

⚫︎意欲が高まり、頑張ろうという気持ちになる内容だった。

⚫︎落ち込んだとき、困ったとき、頑張ってみよう!と思える内容だった。

⚫︎自分自身を好きになることができそう。

⚫︎見失いかけた自分を取り戻せる。

⚫︎低学年からも実施できそう。

⚫︎自分に自信を持つという意味で、子どもの成長に大変役立つと思う。

⚫︎すごく共感できた。気が楽になると思う。
ーーーーーーーーーーーーーーー

などなど
『鏡の中のぼく』授業プログラムの可能性を大きく広げていただきました✨
 
 
短い夏休みが終わってすぐ
貴重なお時間をいただき
模擬授業を開催できましたこと
大変嬉しく思っております。
 
 
これからますます
『鏡の中のぼく』は
全国各地の教育現場に必要とされると実感さしております。
 
 
ぜひ
子どもたちの未来のために
何かきっかけをプレゼントしたい
と思いの教育関係者の皆様
お問い合わせください。
 
 
全国各地に
小学校中学校にお届けできる
トレーニングを積んだコーチ陣がお待ちしております。
 
 
『鏡の中のぼく』授業プログラムチーム代表
上野一歩
 
 
 
 
マザーズコーチングスクール公式HP
『鏡の中のぼく』紹介ページ
https://motherscoachingschool.com/kagaboku/

『鏡の中のぼく』オフィシャルサイト
https://kagaminonakanoboku.com/

 
先生方
ありがとうございました✨

.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*

埼玉県、群馬県でも、うちでも、という先生方、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご質問は

asukacoaching@gmail.com