変化に共通する○○関係

週末、コーチ仲間と5年後の話をしました。

そこから、そう考えるとこれまでの5年間の
変化って凄まじいものがあるよね、
って話になりました。

5年前、上の娘を産んでまだ5ヶ月。
幸せだったけど…

夫に対して不満ばかり
目の前にある優しさに気づけず、
常にイライラしていました。

何かやりたいけれど、
それが見つからなくて、

曖昧な目標が不安を呼び
友達も家族もいたけれど、
とにかく心は不安と孤独でいっぱいでした。

数年後にコーチングに出会ったことで
様々な変化がありました。

夫との関係性
子どもとの関係性
家族、友人、コーチ仲間との関係性

そして、自分自身との関係性

母としての自分
妻としての自分
1人の女性しての自分

そして
「コーチとして生きる」と決めたこと

更に、これからの5年、どんな変化、
挑戦をしていきたいのか?

「5年後は自由だ」と、コーチ仲間が言いました。

そうだ、5年前には想像もしていなかったことが今、出来ているんだから、

想像できることは実現出来る。
やりたいことも、数も、大きさも自由。
なりたい自分になれる。

枠を作るのも、枠を広げるのも、
枠の出入りさえも自由。

どんな道を辿ってもいいと思う。

ただ1つ
「目的を見失わないこと」

もし迷ったとしても大丈夫。

私はもう、独りじゃない。

支えてくれ、応援してくれる人がいる。
支えたい、応援したい人がいる。
共に成長したいと思える人がいる。
共に未来の景色を見たいと思える人達がいる。

その人を信じられる自分がいる。

この5年間の変化は人生に大きな影響を
与えてくれた時間でした。

変化したものは数え切れないほどありますが、全てに共通するのは

「人間関係」

以前、自分が企画した勉強会で
プロフェッショナルコーチが言ってた言葉が
とても印象に残っています。

「人間関係をいかに美しくしていくかで
人生が決まる」

「美しさ」の定義が変わったのも、
人と関わり合う中で学び、気づきました。

今日からいよ、プロフェッショナルコーチトレーニングが始まります。

昨年の悔しさがあったからこそ、次も絶対に受けると、1度もぶれることなく強い気持ちでいられました。

トレーニングの度に自分の不甲斐なさ、甘さを突きつけられ、大人になって、こんなに悔しい思いを何度もするとは…。それなのに、もう、コーチを辞めるとは絶対に思わないのは、相当、変態なんだと思います。

それを認識できたのも、ひとつの変化と考えると、この1年での変化もまた凄まじかったなと。

写真はちょうど1年前と現在の私。
Before → After こちら1年の変化も我ながら
凄い😂😂😂1年前の安心感満載な私も好きですよ。

真面目な話、思考の変化がどう行動に変化を与えるか、を目標達成出来たもの、出来ていないものを含め、体現できた1年でした。

「変わりたい」でも「変われない」という方へ『トラストコーチング』を心からオススメします。

TCS認定コーチ
MCS認定マザーズティーチャー
PAA認定パートナーシップコーチ
渡邉明日香

🌟渡邉ご提供中、個人向けコーチングメニュー

◇トラストコーチング
コーチングを体感しながらコーチングを学ぶ・未来を変えるコミニュケーション
https://asukawcoaching.com/coachingservice/tcs/
 
◇マザーズコーチング(ペアレンツコーチング)
親が子どものために学ぶ、見守るコミュニケーション講座
https://asukawcoaching.com/coachingservice/mothers/
 
◇パートナーシップコーチング
パートナーと共に生きる喜びを
https://asukawcoaching.com/coachingservice/pertnership/

【コーチとしての覚悟とは…?】

プロフェッショナルトレーニング(5期)を終えて…(少し前になってしまいますが)

思い浮かんだのは、

「愛って受け取るか、受け取らないか。
ただそれだけのものよ。」

絵本「鏡の中のぼく」のもう1つの物語の言葉が頭に浮かんだ、そんな最終日でした。

『相手の可能性を相手以上に信じたい、信じる』と覚悟を決めているから

一ミリも自分にフォーカスしていない、

こう言ったらどう思われるか…、
いい人に思われたい…などではない、

100%相手の為の会話だからこそ、
答え、アドバイスでない会話、そして
「相手の成長に繋がる」フィードバック。

それらから何を選び取り、受けるのも、
受け取らないのも相手次第。
そしてそれをどのように育てるのも相手次第。

コーチとして「その」覚悟をもち、誰よりも長期的な視点で目の前にいる人と関わりながらも、「今」に集中することが、
目の前にいる人への最大の敬意であること。

トレーニング中に感じた「本気」と「責任」と「覚悟」のやり取りを目の前で見て、

心が燃えるような感動がありました。

コーチングは「生き方」であり、
コーチは「体現者」

コーチとして、クライアントを変えてやろう、導いてやろう、いいコーチングをしよう、


なんて言うのは全部自分(コーチ側)のベクトルで、自分の評価に対しての関わりになること。

限られた時間の中でクライアントが望む成長、目標や変化にむけて、「今」に集中し全力でサポートすること、

それ以上、それ以下でもなく、

「今、目の前のクライアントのために100%集中する」

「今」は過去の積み重ねで、現在であり、未来へと繋がっていくこと。

「今」に集中するということは、過去に自分を選んでくれたクライアント、これから出会うクライアントへの敬意にもなる。

そして、コーチ自身もコーチングを自分自身に活かし、変化、成長し続けること体現し続ける。

それには自分自身を知り続ける努力を怠らないこと。

プロフェッショナルコーチトレーニング
を終えて感じたことは、正直くやしい
(自分自身に対して)

自分の現在地を改めて改めて改めて感じ、
まだ、私はここにいたのかと…

コーチとしてクライアントとの限られた時間の関わり方の根本的な所の伸び代から目を背けず、

さらな成長し続けるために、

学びを学びで終わらせない。

実践、行動する。し続ける。

備忘録として、1年後、2年後、これを読んでどんな気持ちになるのか、どんな変化があったのかを期待して。

TCS認定コーチ
渡邉明日香

合格率3%の難関資格に挑戦中

合格率6%の難関資格と言われる、
トラストコーチングスクール認定プロフェッショナルコーチトレーニングに挑戦中です。

トレーニングで見つけたものの一つに、
 
自分の中の根深いコミニュケーションから来た、選択肢の結果の

「今」

が見えました…。
 
「今ある状況(自分)は全て自分自身が選んできた結果。」

と、

今までしてきた選択、特に無意識の部分。
根本の根っこの根っこ、
無意識に根付いたコミュニケーション。
 
そこの無意識が意識化された時、点と点が繋がり、一本の線になった感覚がありました。

これに気づいた瞬間の怖さたるや…
 
特に「何となく」で出した答えや選択は、
全然『何となく』ではない。
 
奥底ではしっかり選びとってる。

最近、プロトレ5期のメンバーでの勉強会にて出た、私の「何となく」思考が、ハッキリとした形で、根深い根深いコミニュケーションから来たものと認識できました。

トレーニングの翌朝、頭の整理も兼ねてマイコーチと話をしました。
 
もやもやを話していくうちに、
頭の霧が少しずつなくなっていく感覚がありました。

私がなぜ、コーチングを学び続け、届けたいのか、
 
初めてマザーズコーチング、トラストコーチングを受講した時、何だかよく分からないけど、私はこれで生きていくんだ!

と感じた、あの時の
 
「何だかわからないけど…」

この感覚、選択肢にも、今までは自分の経験などから、届けたい人、届けたい先は何となくはありましたが、

なぜ、そう思ったのかも、根っこの部分に紐付いたものを感じ、

なぜ、動き続け、考え続ける選択をしているのか、自分の中で納得できました。

話はトレーニングに戻りますが、
この時間はテストに合格する事がゴールではないトレーニングです。

成長するための

『徹底的な言語化』

プロフェッショナルコーチになるため、という目的も1つではありますが、

プロフェッショナルコーチとして、成長し続けるため、心の炎を燃やし続け、未来に繋げる歩みを止めないための、基盤作りの数年先を見据えてのトレーニングと感じています。

1年前、初めてプラス3に申し込み、グループセッションを体験しました。

達成出来なかった目標もあったけれど、
終わったとき、その後の自分の成長には拍手でした。

その後、スタートアップ1期に申し込み、

法人トレーニング、そして継続セッションを受け、

現在、馬場コーチのプロフェッショナルコーチトレーニング。

「もう、どんだけ私、成長しちゃうの…🌱」

娘を保育園へ送った帰りに自分に対して期待に溢れている言葉が自然と湧いてきました。

常に成長するための学びを熱望している私。
何でも成長出来る学びと感じると、直ぐに行動に移したくなる。

それは、目指したい先があるから。

でも「先」がまだまだ曖昧でした。

そこが曖昧だったから、私が感じる課題の1つとなり、掛けていたもの。

成長にも行動にも、1人では限界がある、限界がくるから、

「誰と」

が大切になる。

次のステップへと、貰ったフィードバック。

初回の質問から、答えが出ず質問を変えた元の質問にも、今は意図を考えられるようになりました。

自分が答えたものも、正直、100%しっくりきてないから、なぜあの答えが出たのか?
更に色々な問いが自分から生まれ、

ここ数日ずっとグルグルしていました。

ある時、ふと、私が感じていた課題と悶々があらたに繋がり、

そこで、改めて、未来へ向けて、成し遂げるための「誰と」に繋がりました。

私には感謝したい人がいて、応援したい、大切にしたい人がいて、そして守りたい未来がある。

だから、プロフェッショナルになる。

私をまだ蕾の状態と言ってくれたマイコーチ。
私をこころから応援してくれる、みなさん。
共に成長のために走ってくれる、関わりをもってくださる、みなさん。

支えて応援してくれる家族。

そして惜しみない成長の機会を与えてくれる馬場コーチ、事務局のみなさん。

本当にありがとうございます。

遠慮なしに花を咲かせるから、見ていてください🌹✨

TCSプロフェッショナルコーチトレーニングへ

今日よりトラストコーチングスクール(TCS)認定、プロフェッショナルコーチトレーニングが開始しました。

TCS認定プロフェッショナルコーチとは、認定コーチとして実績を積んだのち、プロフェッショナルコーチトレーニングに参加し、世の中の数あるコーチの資格の中で、最も難関であるとも言われる、TCS認定プロフェッショナルコーチの試験に合格したコーチです。

現在、このプロフェッショナルコーチトレーニングに参加しています。

.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*

やっとここまで来た。
ここからが私の新たなスタートだと、テキストが届き手に取った瞬間、そう思った私の伸び代を見透かしたかと思うほどに、

「好きなように思い切りやって。明日香ちゃんには伸び代しかないから。」

今日からスタートするTCSプロフェッショナルコーチトレーニングの事は知らないはずの夫から、驚くタイミングでこの言葉。

うん。まさに。その通り。
この現在地。

しっかりしっかり受け止めます。

挑戦し続けたいと思える環境があり、目指したい人達がいて、応援してくれる仲間、友人、クライアント、支えて協力してくれる家族がいる。

どんな状態になっても、返れる場所、居場所があるという安心感があったからこそ、迷わず挑戦することを選択できました。

まさに、マザーズコーチングのベースのベースを感じた朝。

本当に心からありがとう…。

半年後、どれほど自分が成長できているのか?

自分自身に上限を決めず、高く飛び、そして深く考える。

時間は有限。さあ、なにを決断しようか。