小学校で「鏡の中のぼく」

本日、愛媛県宇和島市の小学校にて

「鏡の中のぼく」を活用した、肯定感を育む特別授業

がスタートしました!

ニュースでも放送され、歴史的1歩となりました。

その様子は↓↓↓

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2338539769538772&id=100001483156234

子どもが抱える、

「孤独、いじめ、虐待」

を一日でも、1秒でも、1人でも多くの子ども達を救うため、

マザーズコーチングスクール、

マザーズティーチャーは

全国各地で、「鏡の中のぼく」の

講演会、読み聞かせ、動画上映会を

企画、運営しています。

関東でも開催へ向けて、現在企画中です。我が県、学校にも!!という、教育関係者の方、ご連絡下さいませ。

マザーズコーチングスクール

マザーズティーチャー

渡邉明日香

人生保証の資格

結婚して妊娠してから、一気に産後の働き方や収入に対しての不安が大きくなり、

以前、キャリアカウンセリングを受けた事があります。

その時に質問したのが、

「何の資格をとるのが、再就職をするのに優位ですか?」

でした。

出産後も育休中に何か就職に役に立つ資格、子育てに役立つ資格を取りたいとずっと思っていました。

今、思えば

この資格さえあれば、幸せになれる!
収入、子育てに不安がなくなる!
人生保証がされる!

そんな資格を探していたのかもしれません。

裏を返せば、

生活への変化、収入の変化、それに伴うパートナーとの関係の変化、自分の変化に不安や恐怖があったのかもしれません。

資格を取ることで、それらが解消される、したいとの思いもあったのかもしれません。

しかし、何の資格でも、これを取得したから人生保証!!なんてものはなく、

資格取得が目的で、努力をする事は素晴らしい事ですが、

取得後、「どう活かすか」が、とても重要で、

資格=更に自分を成長させられるツール(スタートライン)

コーチングを学び、以前の資格に対しての捉え方から、自分の根本の不安、恐怖に気がついたのと、

今、現時点での資格に対する捉え方がまた違う事に面白いと感じ、また、スタートラインに立つのって、ワクワクするなと。

そして成長の成果を自身で実感するには、やはり、「努力と継続」は必須。

約16年のペーパードライバーから、脱却した私ですが、

これって運転免許も一緒だよなと。

それと、資格とは違うけれど、結婚も一緒だなと。

資格取得、結婚はゴールではなく、

「スタート」だなあ、

と、山ちゃんと蒼井優の結婚会見を見て、結婚当初の頃を思い出し、寝かしつけでまた寝落ちし、

朝3時に目が覚めたら、脳が新たなメッセージを。

以前、マザーズコーチングの勉強会に参加した時の

白崎 あゆみプロフェッショナルコーチの

「1回受講したから、直ぐ変わります!もう、イライラしません!!なんて、逆に怖くな~い!!!」

と、言っていたのを思い出しました(笑)

継続は力なり、ですね😂

子どもが電車の中で大泣き

タイトルの通り、

子どもが電車の中で大泣き

しました(笑)

昨日、パパの髪カットついでに、家族で電車でお出かけしようと言うことになりました。

今日は、パパもいるし楽チン~🎶と能天気に出かけたら、

帰りの電車で、下の子、ギャン泣き。

眠い、暑い、おっぱい飲みたいの三拍子がそろったらしく、泣くわ泣くわ。

あやしても、お水をあげても、立って抱っこをしても泣き止まず。

今でこそ、焦ったり、変に周りの目を気にしすぎることも無く、あらあら、といった感じでしたが、

もし、これが前の私、だったら…。

赤ちゃん1人、泣き止ませられないダメな母親と思われているんだろう…、と、周りの目を気にして、すいません、ごめんなさい、と降りる駅まて言い続けていたかもしれない、降りたらやっぱり無理だったんだ、と自分を責めていたかも…、と

そんなことを思っていたら、

近くにいたご年配の女性が、

「元気ね~。泣いていてもかわいいわ~。」と、

声を掛けて下さいました。

泣き続ける娘を一緒になって、あやしてくださって、娘も泣いたり笑ったり、女性と私もそんな娘をみて笑ったり、

そんな様子を見ていた周りの乗客の方も、いつしかニコニコに。

最終的に娘が泣き止むことはなかったのですが、あの暖かい車内の雰囲気に私たち夫婦、家族みんなが助けられました。

声を掛けてくださった女性へ、心から「ありがとうございました。」と伝え、お別れをしました。

赤ちゃんが泣くことで、嫌な顔をする人もいるでしょう、子どもとぶつかり、邪魔だと言わんばかりに何も言わず、睨みつけて立ち去る人もいるでしょう、

その人達がどうこうではなく、

それでも、世の中、周りを見渡せば、溢れんばかりの優しさがあり、愛があり、手を差し伸べてくれる人がいる。

「受け取れるか、受け取れないかは自分次第」

電車を降りて程なくして、寝た娘を抱っこしながら、出来事を思い出していたら、

「俺、本気でドッキリのテレビかと思ったよ。あんな風に声かけてくれる人、いるんだね。」

とパパ。そんなパパも嬉しそうでした。

パパは電車の中で何もしなかったのか?というと、

パパは女子全員の見守り役。

ベビーカーで寝ている上の子、笑い会う女子3人を、1番近くで笑顔で見守ってくれていました。

それが私にとって1番、安心感を与えてくれていたのは、パパにはまだ、内緒です(笑)

TCS認定コーチ
MCS認定マザーズティーチャー
PAA認定パートナーシップコーチ
渡邉明日香