雨上がり決死隊解散から夫が学んだもの

先日のAbemaTVでの解散報告を見た翌日、夫が私見を伝えてくれました。

夫曰く、

「やっぱり人は感情や想いを伝えたり、共有していかないとダメなんだってことを、2人(雨上がり決死隊)をみて学んだよ…」

と。

2人に限らず、長年一緒に苦楽を共にしても、こうやって別れてしまう。そこには大抵、コミニュケーションのズレがあります。

実は数ヶ月前、ある事を私がやりたいと既に決定して、あれとこれが必要だから準備よろしくお願いします、と夫に伝えたことから冷戦が勃発しました。

既に解決はしましたが、その時に言われた言葉は、

「先に相談して欲しかった」

あっちゃー、とコミニュケーションを学んでいる身としては、まるで身を真っ二つに切られたかのような凄く痛いフィードバックでした。

これくらいいいだろう、言わなくても分かってくれるだろう、などなど、近い間だからこそ、抜いてしまう説明や話し合い。

これがのちのち、ボディーブローかのように、2人の未来に影響を与えていきます。

相手からしたら、

「自分の存在を雑に扱われている」
「私はいてもいなくても一緒なの?」

などのように感じられるかもしれない言動が度重なれば、孤独を感じさせてしまうかもしれません。

一緒に居るのに感じる「孤独感」ほど辛くかないものはありません。

今回の解散について、宮迫さんから、蛍原さんへ丁寧な説明が足りなかった、解散は熟年離婚のようなもの、という言葉があったそうです。

この話を聞いたときに、

「やっぱり人は感情や想いを伝えたり、共有していかないとダメなんだってことを、2人をみて学んだよ。」

という、夫の言葉の裏の意味や感情を知れた気がしました。

もちろんこの言葉は本音でしょう。
しかし、本人の無意識で伝えているメッセージもかなりあるなと。

夫が大切にしていること、大切にしたいこと、私もしっかり大切にしていこう、と改めて思った夫からの学びでした。

熟年離婚も、そうでない離婚も、恋愛の別れ話も、相方との別れも突然湧いてふってこないんです。

小さな小さな日々のコミニュケーションの積み重ねが2人の未来を決めることを、改めて感じた出来事でした。

TCS認定コーチ
MCS認定マザーズティーチャー
PAA認定パートナーシップコーチ
渡邉明日香

🌟渡邉ご提供中、個人向けコーチングメニュー

◇トラストコーチング
コーチングを体感しながらコーチングを学ぶ・大切な人に手を差し伸べられる人であるために
https://asukawcoaching.com/coachingservice/tcs/
 
◇マザーズコーチング(ペアレンツコーチング)
親が子どものために学ぶ、見守るコミュニケーション講座
https://asukawcoaching.com/coachingservice/mothers/
 
◇パートナーシップコーチング
パートナーと共に生きる喜びを
https://asukawcoaching.com/coachingservice/pertnership/