【無意識に奪っているかもしれない思考力】

道は「わたしが」決める
 
姉のストライダーに乗りたいという2歳の娘。
 
サドルを下げて乗せてあげてさあ、どうぞ。
 
「あ、ここ、凸凹だから道変えようね。」
 
移動して、
 
「はい、ここなら走りやすいよ。どうぞ。」
 
と言うと「違う!」、と言って走らない2歳。
 
何でだろうと考えたら…。
  
「こっち!!」
 
2歳の娘は凸凹道を走りたかったんです。
 
勘のいい方なら、きっともう気づ気でしょうが、
 
私の良かれと思い、選び与えた道は、
「娘にとっては望んでいたものではなかった」ということです。
  
私達大人はこども達より長く生きています。その分、色々な経験をして、いい事も悪いことも、嬉しいことも悲しいことも少しだけ多く経験し、
 
こっちの道はあちら側の道より楽であったり、近道だったり予測できる事があります。
 
つい、こどもには自分と同じ苦労や、嫌な思いをさせたくなかったり、早くゴールにたどり着いて欲しくて、アドバイスしてしまいがちです。
 
自分で考えさせて、行動させたい、した方がいいとわかっていても、ついつい口出しをしてしまう。
  
「無意識に」
 
その道の経験が「親」にとっては苦労だったり、嫌な出来事だったとしても、それは必ずしも、こどもも同じように感じる、出来事を同じように捉えるとは限りません。
 
なぜなら、こどもは親の分身ではないから。

こどもの事を思いしたことが、先回りをしてして伝えた事が、
 
こども自身で考え、自分で選ぶ機会を、成長するチャンス、経験を奪ってしまう、としたら…(もちろん命に関わる危険性があるものは止めるし、伝えます。)
  
何をどの様に伝えることが、

自主性を高め、自ら考え、自ら選択し、自ら行動できるようになるのか?

ある研究によると、自己決定ができる人ほど人生の満足度、幸福度が高いという結果があります。

人を育てる際のコミュニケーション能力の土台となる、重要な4つの要素
 
「自分で考える力」
「自己肯定感」
「折れない心」
「思いやりの気持ち」
 
を育てるには、
 
親(育てる側)の
 
『分かってるんだけど、それができないのよ… 』
 
を確実に出来るようにするために、
 
思考と心を整え、よりフラットな状態で
こども(相手)との信頼関係を築く事が必要です。
 
大人がアドバイスせずに、いかにこどもの心の成長ややる気、自主性、自分で考え、決める力を伸ばしていくのか?
 
これには、親側(育てる側)のコーチング力(大切な人を応援するコミニュケーションスキル)が大きなポイントにもなります。

さて、あなたが最近、こどもに対して
「あの時、見守れなかったなあ…」というこはありましたか?

なぜ、見守れなかったのか?

見守れていた時と「何が」違ったのか?

自分自身の出来ている(出来た)時と、
そうでなかった時をしっかり言語化するのも

1つの自分を俯瞰する力となり、
大切な人を応援するコミニュケーション力を高めていくヒントとなります★

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’☆.:*:・’♪.:*:・’゜
 
◇マザーズコーチング(ペアレンツコーチング)口コミだけで30,000人以上のママが学んだママが子どものために学ぶ
コーチングコミニュケーション講座

https://asukawcoaching.com/coachingservice/mothers/

渡邉ご提供中、個人向けコーチングメニュー

◇トラストコーチング
コーチングを体感しながらコーチングを学ぶ、大切な人を大切にするために
https://asukawcoaching.com/coachingservice/tcs/

 
◇パートナーシップコーチング
パートナーと共に生きる喜びを
https://asukawcoaching.com/coachingservice/pertnership/

◆Newコンテンツ『夫婦関係・夫婦の悩み』に特化した特別コーチングプログラム

https://asukawcoaching.com/special/