コロナ真っ只中に夫が転職

「なんで今?」

コロナ真っ只中に夫が転職。

きっと以前なら、不安になり上記の言葉を言い、反対していたことでしょう。

夫から相談されたとき、心から応援出来たし、

何より、彼が今の方が楽しい、やりたいことをやれる、と言って仕事へ出かける背中を見れるのが本当に嬉しいです。

昨日はパートナーシップコーチングのコーチトレーニングのオブザーバーとして参加しました。

まずはこの3-4ヶ月のパートナーシップを振り返りで、夫の転職に対する、私の気持ち変化をお話させていただきました。

この3ヶ月は、普段より一緒にいる時間が多く、新たな一面を発見する事もあり、勘弁してくれよ…と思うこともあったけれど、

それでも、

「一緒にいてくれたことで安心感を得られていた」

に尽きるかなと。

ニュースを見れば不安要素ばかりで、気持ちが暗くなりがちでしたが、

夫が一緒にいてくれるとで、

家族というチームを守るため、パートナーとして、信頼出来る相手がいる。

1人じゃないと感じられる。

以前の私は夫に対して

2人でする子育てや、2人で何かをする事を求め、感謝し大切にしていましたが、

今はというと、

「お互いが前を向いて、個々の目標も大切にしながら応援し合えている。

2人の目的、家族を守るためにお互いを補い合いっている。」

など、

『未来に向けたお互いの意識を感じ取れる』

そんな自分の変化にも気づき、

その中で夫とのパートナーシップコーチにおける、新たな私のキーワードも発見しました。

受講時 「2人」
現在 「お互い」

互いの言葉を調べてみると

相対する関係にある二者。双方、または、そのひとつひとつ。「お互い」の形でも用いる。「互いの意思を尊重する」「互いが譲り合う」

2人で一緒という無意識の押し付けから、
彼と私の違いを知り尊重し合うにシフトチェンジしてきたのかな…。

パートナーとの間に求める愛の定義や、
大切にしているものの基準、変化のあったもの、変わらず大切にしているものを感じ、自分の成長を感じられた、2時間となりました。

じわってるな…、とニヤリしてしまった自分😂

トレーニング後、夫のために…の気持ちが高まり、面倒くさくてちょっと先延ばしにしていた、彼が好きな餃子を作ろう!と、娘達と手作り餃子を作ったお夕飯。

焼きを失敗して、みるも無惨な餃子になってしまいましたが、

「美味しそうじゃん!味が良ければそれでよし!」

と言ってくれた夫。(いい奴😭ありがとう)

そんな私達を見てか、普段、食べない餃子を食べたいと言ってたべてくれた娘達。

幸せサイクルだなと、可哀想な餃子にも感謝できた昨晩でした。

パートナーシップコーチ
TCS認定コーチ
マザーズティーチャー
渡邉明日香

何で分かってくれないの?

「もっと家事・育児に協力して欲しい」

「何も言わなくても分かってよ。察してよ!」

「何で分からないの?何で気が付かないの?」

先日、パートナーシップコーチングの勉強会を開催させていただきました。

テーマは【求めない】

今回の勉強会では、

・パートナーとより良い関係性を築くため、保つために「求めない(過ぎない)」こととは?

・逆に求めることで得られること、失っているものがあるとすれば?

をコーチのみなさんと考え、シェアしました。

1番近いパートナーだからこそ、分かって欲しい、理解して欲しいと、相手のことは変えられないと分かっていても、無意識で求めてしまう。

それが思うように返ってこないとイライラする。

私の場合は、バランスが崩れると、パートナーに対して「承認」を求める癖がでます。

子育て、家事を頑張っているのを褒めて欲しい、仕事を頑張っているのを褒めて欲しい、

これらが出てきたら早目にセルフコーチングしておかないと、

「私は認められていない」

という更にネガティブな思考になります。

気持ちは伝えないと伝わらない、

私はこの意味をはきちがえ、

以前、最悪のタイミングでこの事を夫に

伝えてしまい、私こそ夫のことを認めていない、と言われてしまいました。

伝わったことが伝えたこと…。

私自身が家族の雰囲気を悪くしていたのを
この時、心底、反省しました。

私の中での「求めない」とは、

相手からの愛だったり、承認だったりを

受けとれる、

相手に対して感謝出来る、

『自分自身の心の状態を整えること』

人は変えられない、

ならば、自分の関わり方を変えるのみ。

「大切な人との理想の未来のために。
今日、どのような関わり方が出来たら、お互いに笑顔でおやすみと言えるだろうか?」

求めることで得られたものがあるとすれば…

相手に対する、私の本当の気持ちに気づく事が出来きた。そこには相手への期待があること。

求めることで失っているものがあるとすれば?

求めすぎると重くなり、かといって何も求めなければ「無関心」になる。

やっぱり、バランスが大事。
敬意と感謝を持って。

一昨日、夫にお腹のお肉をつかまれて、激怒した私…。

心と体を整えよう…

.☆.。.:.+:゚+。 .゚・..☆.。.:*

パートナーシップコーチ
TCS認定コーチ
マザーズティーチャー
渡邉明日香

広がる未来と、奪われる未来

先日、トラストコーチングスクールの

プロフェッショナルコーチ
白崎 あゆみさんとの勉強会を

【もう一度会いたいと思う人】

という、テーマで企画、開催させて頂きました。

私の「もう一度会いたいと思う人」で、1番最初に思いついたのは、亡くなった祖父でした。

厳しい祖父には沢山叱られたし、時にはゲンコツもらっていましたが、それでも大好きでした。

そんな祖父には、いつも誰かが会いに来て、話をしていた記憶があります。ほとんど祖父は聞き役だったような。

祖父との思い出は沢山ある中で、1番強く記憶に残っているのが、

親戚のお兄ちゃんの進路について、大人達から猛反対にあい、本人の望みとは違う方向へ人生が進みそうになる出来事がありました。

それは親戚一同の問題となり、夏休みにうちに集合し、ある夜、親戚会議が行われました。

全員が「そんなのは絶対ダメだ!世間からどうみられると思っているんだ!」と。

大人に囲まれ、自分の夢、目標を
「決めつけ」により、否定されたお兄ちゃん。


どんな気持ちだったのだろう…。

そんな中、祖父は相変わらず黙ってみんなの話を聴いていました。ひとしきり、みんなが話し終わったあと、お兄ちゃんに

「で、お前はどうしたいんだ?周りにダメと言われて諦めるくらいなら、きっと続かない。
本気でやりたいと思っているなら、やってみろ。」と。

たった1人、祖父だけがお兄ちゃんの想いを否定することなく、背中を押しました。

数年後、祖父のお葬式に彼が参列してくれていたのを見かけました。

直接話すことはなかったけれど、

その姿から、自分の望む人生を歩んでいることが分かりました。

その後も遠方から、お墓参りに来てくれている、と母から聞きました。

今、思い返せば、親戚の集まりで、祖父とお兄ちゃんの会う頻度は決して多くはなかったけれど、

物静かな彼は、いつも誰かから

「男なんだから○○しなさい。人が見たらなんて言われるか…。」、

などを言われ、居心地が悪そうで、いつも下を向いていました。

しかし、祖父だけはそのような言葉を彼に対して言っていた記憶がなく、私に対しても大抵のことは、周りを気にせず、やりたいならやってみろ!と言われていた記憶があります。

そんな祖父の言動が、言葉や非言語のコミニュケーションとして彼に伝わり、

「安心できる相手(場所)」

が祖父だったのかもしれません。

そう言えば、親戚のおじさんがポロッと、○○は(お兄ちゃん)他の親戚の家に行くのは嫌がるのに、ここに来る時は嫌がらないな、と言っていたのも、これを書いていて思い出しました。

勉強会後、「もう一度会いたいと思う人」に、何故、私が祖父を選んだのかを考えてみたら、

「誰かの居場所となれる人、お守りとなる存在であった人」

であったことに気が付き、それは、

人として、親として、コーチとして、
私が在りたいと思う姿でした。

コミニュケーションで広がる未来もあれば、逆に可能性を奪う危険性もある。

人生は出逢う人、関わり合う人間関係で決まるとも言われています。

こどもに対しても、大人同士、
自分自身に対しても。

「もう一度会いたいと思う人」

様々な定義がある中で、絶対的に外せないものが、

『 安心感 』

安心感を与えられることができれば、得られることができれば、それがベースとなり、信頼関係が築かれていきます。

「目の前にいる大切な人と、どのような関係性を築いていきたいか?」

理想の関係性を築くために、
未来と可能性を広げ、
安心感を与えるため、

あなたはどのような、
「決めつけ」を手放す事(決断)が出来ますか?

その「決めつけ」は、あなた自身にどのような影響を与えていますか?

.☆.。.:.+:゚+。 .゚・..☆.。.:*

得るものが多すぎて、まだまだアウトプットしきれていません😅

続きはまた今度…🍀✨

TCS認定コーチ
マザーズティーチャー
パートナーシップコーチ
渡邉明日香

「子育て」の正解とは?

「子育て」に正解を求めて
  
こどもと真摯に向き合うことから逃げるのだけはやめたい。
    
 
正解を求めるのは、楽しようと、逃げているだけだから。
 
 
人との関わりに、絶対の正解はない。
 
   
男だろうが、女だろうが、

今、どんな性格だろうが、 

今、態度がどうだろうが、
 
学力が高かろうが、低かろうが、
 
 
「こうすべき」「こうしなくていい」
   
なんて、決めつけは、ただ可能性を奪うだけ。
  
  
こどもは、いくらでも、出会いや出来事で変化する。
  
  
本人に合う、接し方も、勉強の仕方も、正解があるとしたら、それはひとつ。
   
  
こどもの言動に興味関心を持って、こどもと一緒に考え、試行錯誤すること。
 
  
よく観て、考えつづけることが親の使命であり責任。
  
 
私は、親として、聖人君子には生きれないし、生きる気もないけど、それだけはしっかり全うしたい。
  
   
それすらきちんとやらないで、誰か頭のいい人のやり方などに頼って、
   
たとえ、ハーバードに行けても、たとえ、大金持ちになっても、

結局、こどもの一番大切な、心の奥は、渇いたまま育ってしまう。
  
  
こどもが有名大学に行き、有名企業に入り、世間から「あの親はすごい」と、表面だけの世間体が、子育ての成功ではない。
 
 
それはもう、世の中を観ても、明らかなこと。
   
 
「子育て」で大切なことは…

親が、こどもの心の「お守り」になること。
  
親の愛を求めなくて済むほど、こどもの心の中に、自然といる関わりをすること。
  
 
それは、こどもを経験した大人なら、誰もが、本当は気づいてるはず。
 
 
   
私は、この強い思いを信念に、
  
『マザーズコーチングスクール』をつくり、
  
約7年間、マザーズティーチャーたちと考え、学び続けてきました。
 
  
「継続は力」なり。

  
今では、「マザーズコーチングスクール」を批判する人はいなくなったし、
 
「マザーズコーチングスクール」の思いは、たくさんのマザーズティーチャーと大きく、強く成長した。
 
 
長い年月が「本物」であることを証明しました。
 
 
あとは、文化になるまで、きちんと質高く継続し、定着させていくだけ。

それを「後2年」で、必ず成し遂げる。
  
   
親が、心に余裕が持ちにくい、今の世の中にこそ、
 
「マザーズコーチング」が、地球の救世コンテンツになると、私は確信しています。
 
マザーズコーチングスクール
代表 馬場啓介

  
◇マザーズコーチングスクール
https://motherscoachingschool.com

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3069258863133522&id=100001483156234

馬場啓介コーチ Facebookより

━━━━━━━━━━━━━━━

この子育てに「正解」なんていうものはなくて、

それはこども一人ひとりみんな違うから。

「正解」という白黒だけの世界で物事をみて、子育てをしてしまうと、こどもの個性、自信、可能性、未来を奪う危険性が高くなります。

それは私たち、親にとっても一緒。

お母さん(親)一人ひとりにも、個性があって、可能性も未来もある。

だからこそ、正解を追い求める思考で、

『今、目の前にある関係性を諦めないで欲しい。』

だからこそ、正解を追い求める思考で、

『今、目の前にある関係性を諦めないで欲しい。』

自分の子育て、こどもとお母さん(親)の間に、いかに暖かい関係性を築けるか、心地よいコミニュケーション、信頼関係を築くことへ集中できたら、

他の人と違っていても、何か言われても、

「私は出来ない」、「うちの子は出来ない」

という、ネガティブな思考を作り出してしまう機会がグンと減り、

その分、大切なこども、家族、人と笑顔でいるために、どうすれば?という思考に変化させることで、具体的な行動へ移せるエネルギーになる事を知って欲しい。

でも、人はすぐ変われない。

1回、1日で変われたら、世の中、子育てで悩む人なんていない。

「継続なくして変化なし。」

学び続けられる環境、意識続けることが、こども達の未来、自分の未来を変えていく。

お母さん(親)もこども達も胸を張って、

「自分の事が好きだ」

と言える人が増えることが私の願いです。

『 1番近くにいる大切な人を大切にするために』

私はこの意味をコミニュケーションを学ぶ事で知ることが出来きました。

そしてこれからも学び続けます。

こども達のために、家族のために、大切な人のために、自分自身のために

コミニュケーションを学ぶことを

『諦めない』

マザーズティーチャー
渡邉明日香

25年前の母からの手紙

片付けをしていたら見つけた母からの手紙。

中学校の卒業記念でタイムカプセルへ入れる為に、30歳の私に宛てて書いてくれた手紙。

母は当時、37歳?かな。

30歳の時、1度この手紙を読んでいました。しかし、サラッと読んで終わって、存在もすっかり忘れていました。(お母さん、ごめん!)

そして、先日、また、私の手元に来てくれた手紙。

そこには、30歳の時には気が付けなかった、母からの承認。お母さんの先輩としての子育てのアドバイス、そして少し反省が書かれていました。

私も2児の母となり、こども達との時間は何ものにも変えられないこと、成長の喜びを感じながらも、その中で1人の女性として感じる葛藤を、

母ももしかしたら、感じていたのかもな…と。

もし、母が当時、コーチングを学ぶチャンスがあったなら、

母の私に対する「ごめんね…」は、減っていたのだろうか…?

母の口癖「我慢しなくちゃね」(母自身に対して)は減っていただろうか…?

きっと「今、幸せ?」と聞けば、

「あなた達が優しい子に育ってくれたから幸せ。」

といつもの通り笑顔で答えてくれるだろう。

けれど、もし、「出来なくてごめんね…」と「我慢しなくちゃね」が減っていたなら、

母は1人の女性として、今とは違う感情を得て時間を過せていたのだろうか?

幸せの主軸は変わっていたのだろうか…?

そんなことを思いながら、読み返した母からの手紙でした。

昨日、母から届いた荷物の中にあった煮物、美味しかったなあ。いつも沢山の優しさと愛情をありがとう。

コロナ収束したら、真っ先に会いに行きたいなあ…。

.☆.。.:.+:゚+。 .゚・..☆.。.:*

◇トラストコーチング
コーチングを体感しながらスキルを学ぶ
大切な人へ手を差し伸べられる自分へ
https://asukawcoaching.com/coachingservice/tcs/

◇マザーズコーチング
ママの心と思考を整え、子どもの考える力を伸ばすコミュニケーション講座
https://asukawcoaching.com/coachingservice/mothers/

◇パートナーシップコーチング
パートナーと共に生きる喜びを
https://asukawcoaching.com/coachingservice/pertonership/

現在のご受講はオンラインにて承っています。

Zoom(無料会議アプリ)を使用いたします。
携帯、PC、タブレットどちらでもご利用いただけます。こちらより送りしま会議への招待URLをクリックするだけです😊

お日にち、お時間、お気軽にご相談ください🍀(夜間対応もしています)

マザーズティーチャー
TCS認定コーチ
パートナーシップコーチ
渡邉明日香