【未来を変える5分】

昨日は、所属しているマザーズコーチングスクールの第11回東京シェア会でした。

ティーチャーが自主的に集まり、学びを深める、1人では見つけられない視点や、ティーチャー自身の事例をシェアしながら、お互いにブラッシュアップをします。

今回は私にマザーズコーチング、トラストコーチングを届けてくれた、もう1人のティーチャーさんと幹事を務めさせて頂きました。

テーマは

『直したいと思っているのに、ついついやってしまうことに、思い込みや決めつけはないか考えてみよう。』

コーチとクライアント役になり、5分ずつのコーチングリレーをしながらのグループセッションを行いました。

直したいけどついついやってしまう
↓↓↓
私ってダメなやつ…

と、誰一人ならない、そして誰一人として、

「それってダメじゃん!」と、ジャッジする人もいない。

「安心」して話が出来る空間

だからこそ、さらけ出せる

ついついの言動、そこから本当は

「自分はどうしたいのか?」

「何を伝えたいのか?」

「何を大切にしたいのか?」

など、本質を見つめ直す。

「たった5分」で、それができるのは、

そこにいた、全ての人がマザーズティーチャーで、コミュニケーションに意識を持ち、自分と向き合い、常に未来を見ている人達だから。

聴く側(ティーチャー/コーチ)が「聴く」体制を整え(聴くにはスキルが必要)、コミュニケーションをとることで、

話し手(クライアント)は、すごくよく話を聴いてくれた、受け入れられたと感じ、

安心感、承認を得て、自信に繋がることを、セッション開始前の皆さんの表情と、セッション後の表情から感じ取ることができました。

日々の生活の中ではあっという間に過ぎ去る時間も、

じっくり自分と向き合う時間として使うと、

『たった5分、されど5分』

気づきの一秒後には、自分の意識が5分前とは何かが変わり、言動がかわり、大きくいえば人生をも変える(かも)

と、コーチングの可能性、セッション、聴く力のすごさをビリビリ、痛いほど感じたシェア会となりました。

——————————–

今回、幹事をやることに実は、数回前のシェア会の時点からやってみたいな…という、思いはあったものの、

でも、子どもいての準備やら、当日、子ども連じゃ幹事どころじゃないよね…

と、正しい理由を並べていた私ですが、

その理由に隠れた、私の本心は、

幹事をするほど経験値がない、
自信が無い
上手く行かなかったら恥ずかしい、など、

失敗を前提に、自分を信頼していない上に、無意識でみんなにジャッジされる(=自分もジャッジしていた)という思考

(本当においおい…ですよ)

しかし、ここ数ヶ月、グループセッションや、鏡の中のぼくへ向けての、グループでの活動をする中で、

チームを通して、自分の在り方を見直し、

ここは本当に安全地帯、ジャッジされない、
むしろ、失敗することで、成長させてもらえる、チャンスを惜しみなく、与えてくれる仲間たちがいる!

と、しっかりと感じられるようなり、
心の準備が出来たら、

子どもがいたっていいじゃない!

当日、抱っこ紐で幹事したっていいじゃない!

なら、なら、なら、

やっぱり、幹事やりたい!!

そして、前回のシェア会での幹事さんのシェア会終了後の、達成感のある、素敵な笑顔に背中を押され、

立候補する、と、こんな私の1人芝居の流れがありました(笑)

マザーズコーチング、トラストコーチングには、本当に魅力的な人ばかりで、

ロールモデル
(自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと)

が身近にいること、感じられることが、そもそもの思いの発端で、なりたい自分が具体的に想い描ける。

そんな環境にいられることが、ありがたいことであり、その中に飛び込んだ自分もセンスあるな✨と(笑)

色々な意味で、『環境は人を変えていく、、』

頭から、心、足の先まで染み渡りました✨🌱✨

伸び代に気づけた所からが、スタート✨
もっともっと伸びるぞ~🌱😁🌱

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中