【娘が泣かされた】

昨日の「鏡の中のぼく」の読み聞かせ後、実はこんなうちの娘にこんなストーリーがありました。

イベントが終わり、片付けをしていたら、スクリーン前の広場で遊んでいた娘が、少し大きな男の子と取っ組み合いのケンカをしていました。体の小さな娘は男の子に投げ飛ばされ、泣いてしまいました。

泣く娘を見て、男の子は

「オレの方が大きいし強いんだから当たり前だ!」と言っていました。

泣きながら私の所へ来た娘に痛いの痛いの飛んでけ~をした後に、娘に聴いてみました。

「痛かったね。大丈夫?違う遊びする?」

すると、

「イヤ!まだ遊ぶ!」と言い、他の子と違う遊びへ。

少しして、また娘の発狂するような声が!!

また、あの男の子と!!

娘は「戦いー!!」と言いながら、男の子に食ってかかって、それに対して男の子は娘の胸ぐらを掴み、

「やるなら本気で来いよ!!お前なんか、チビで~#*☆%」

2人に近づき、ちょっといいかな?と、娘を一旦呼び寄せ

「○○(娘の名前)大丈夫?」

と娘に聴くと以外なこたえが

「鬼ごっこだから大丈夫!!」

!!!!!!

なんと!

娘にとったら、私が思っていた2人のケンカは鬼ごっこでした!!!

そうか!

娘が「戦いー!」と言っているのも、鬼ごっこの延長で、年上のお兄ちゃんと遊びたいだけなのかも。

娘に「もしかして、戦いって、鬼ごっこのこと?もっとお兄ちゃんと遊びたいのかな?」

娘「うん。」

私「そっか、そっか、お兄ちゃんと仲良く遊びたかったんだね。」と。

そして、こちらをずっと見ていた男の子へ話しかけてみました。

私「お兄ちゃん何歳?」

👦「7歳!小学生2年生。」

私「そっかー。この子○○(娘に名前)っていうんだけど、今2歳なんだ。」

👦「オレにも3歳の弟がいる!」

私「そっかー、その3歳の弟くんはお兄ちゃんみたいにお話を沢山できるかな?」

👦「うーん?」

私「○○(娘)はね、大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんと遊ぶのが好きなんだ。でも、まだお兄ちゃんみたいに沢山の言葉を知らないから、上手く一緒に仲良く遊びたいって言えなかったみたい。

戦いって言ってたのも、お兄ちゃんケンカじゃなくて、仲良くしたいってことだったみたい。」

男の子の表情が一瞬にして変わりました。

👦「え?仲良く遊びたかったの?いいよ!」

娘「遊ぶ~!」

私「戦いごっこも楽しいけど、今度は優しく一緒に遊んでくれたら、嬉しいなあ。お兄ちゃんはどうかな?」

👦「なんだー、優しくかあ!いいよ!じゃあ、こっちで遊ぼう。」

私「お兄ちゃん!ありがとう✨私もすっごい嬉しい!よろしくね💕」

取っ組み合いをしていた2人とは思えない、まるで、王子様がお姫様へ手を差し出すかの様に優しく手を差し伸べてくれた男の子。そしてその手を握り遊び場へ向かう娘。

ママはそんな瞬間を見て、キュンキュンしちゃいました💓✨

初めて自分の子ども以外の子どもとも、こんな風にコミュニケーションを取る事が出来ました。

マザーズコーチングを受ける前なら、間違いなくこんなコミュニケーション取れませんでした。

男の子に対しても、娘を泣かしたイヤな子どもと決めつけ、娘に対しても気持ちも確かめず、遊びを止めさせ、娘を連れてその場を離れるか、帰ってるかをしていたでしょう。

このやり取りが正しい、正しくない、こうした方が良いとかとかではなく、100人いれば100通りの対応、コミュニケーションの方法があります。

他のママ、パパ、ティーチャーさんだったら、あの男の子や娘と、どうコミュニケーションを取ったのだらろうと。

きっとまた私とは別な視点で、沢山の事を気づかせてくれるだろうなあと、楽しそうに遊ぶ2人の姿を見て思いました。

帰りの車で、「今日は1日何が楽しかった?」と言う質問に娘は

「お兄ちゃんと鬼ごっこ!ゴロンってなって、頭、痛い痛いになっちゃったけど、鬼ごっこだから!!」

と。

私「そっかー。痛い痛いになったりもしたけど、鬼ごっこだからかあ。それでも嫌な気持ちにならなかったのはどうして?」

娘「鬼ごっこだから!」

そっかー。鬼ごっこ最強だなと(笑)

私「それで楽しかったって言うのはお兄ちゃんには伝えられた?」

娘「帰るから居なくなっちゃった。」

そっか、それは残念だったね。また、会えて仲良く遊べるといいね、と。

帰宅後、パパにも嬉しそうにお兄ちゃんと鬼ごっこした話をする娘を見て、投げ飛ばされても遊びたいという根性と、嫌な気持ちにならないという度量、それは受け取り方、見てる視点が全く違うことを教えられ、我が娘ながら凄いな✨と、思った渡邉家のアナザーストーリーでした。

【大切な人に手を差し伸べられる自分になる】
🍀トラストコーチングスクール(7時間)
https://trustcoachingschool.com/contents/

【仕事も育児も後悔しない私へ】
🍀マザーズコーチングスクール(4時間)
https://motherscoachingschool.com/class/

トラストコーチングスクール認定コーチ
マザーズコーチングスクール認定ティーチャー
PPA認定パートナーシップコーチ

渡邉明日香

無意識の中にあるもの☆鏡の中のぼく@川越

昨日は川越のウニクス南古谷TSUTAYAにて

「鏡の中のぼく」の読み聞かせがありました。

齋藤 由貴さんの生演奏♪と、
山野下絵美さん、Sayoko Yonehisaさんが朗読を担当✨

由貴さんのピアノの音が鳴ると、自然と子どもたちが集まり、あっという間にスクーリンの前は沢山の親子が💛

物語が始まると、そこには真剣に見入るママ、パパの姿があり、ラスト3分での「To Me」を聴いて、涙されている方がいたのがとても印象的でした。

また、終了後に優しくママに寄り添い、ママの話を聴いていたパパ。

ママが由貴さんに話しかけるのをためらっていたのを、優しく「行っておいでよ。」と背中を押していらっしゃったご夫婦がいたのも、素敵だなぁと思い、見ていました。

以前、自分が幕張にて読み聞かせをさせていただいた時とはまた違った視点で見ることが出来た昨日の読み聞かせイベント。

楽しそうに物語を見る子どもたち。

物語に引き込まれるママ。

優しく見守るパパの存在。

それぞれの受け取り方は違うだろうけれど、あの瞬間に同じ音色を聴き、物語に引き込まれているみんなの表情や後ろ姿を見て、

「自分の世界に入っている姿っていいなぁ…。」

とじんわり。

無意識に自分と対話している姿は何だかとても興味深く、いいなぁという何とも曖昧だけれど、見ているだけで相手のことが愛おしい?ような気持ちになりました。(初めての感覚)

初めて由貴さんの「To Me」の生演奏を聴くことが出来て、マザーズティーチャーの皆さんにも会えて話も出来て、心ホクホク、思考わくわく♬

帰りの車でラジオで流れた星野源の「恋」を聴き、無意識に鼻歌を歌っている自分に気が付いた時は、思わず自分に笑ってしまいました。

いやーーーーーーーーーーーー、いい一日だった!!!!!

今後も「鏡の中のぼく」のイベント、全国で続きます♫
ーーーーー

【絵本『鏡の中のぼく』作者講演イベント一覧】(2019.4.18現在)

🐸6/15(土) 愛知(名古屋市)
「鏡の中のぼく」動画上映会&作者講演会
https://www.facebook.com/events/1026898404170411/?ti=cl

お申し込みフォーム
http://j.mp/2HV9ye1

🐸8/17(土) 石川(白山市)
絵本「鏡の中のぼく」動画上映&講演会
https://www.facebook.com/events/2059760704139013/?ti=cl

🐸8/31(土) 高知(高知市)
Coming Soon

🐸9/7(土) 新潟(長岡市)
Coming Soon

🐸9/22(日) 大分(大分市)
13:00開場 / 13:30開演
@J:COMホルトホール大分

🐸11/30(土) 沖縄(那覇市)
Coming Soon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【『鏡の中のぼく』書店イベント情報】
http://kagaminonakanoboku.com/event/

🐸4/21(日) 蔦屋書店 海浜幕張(千葉)
🐸4/28(日)TSUTAYA南古谷店(埼玉)
🐸7/7(日)うさぎやTSUTAYA自治医大店(栃木)

その他イベント一覧
http://kagaminonakanoboku.com/eventmap/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 『鏡の中のぼく』YouTube無料動画版】
※ テレビの大画面で観るのがオススメです!

❤︎『鏡の中のぼく』(日本語Ver.)
https://youtu.be/kIL0ePsLqLc

❤︎『A Boy In The Mirror』(英語Ver.)
https://youtu.be/osuZPIXeA20

【絵本の購入はこちらから】

❤︎ギフトブックス
http://giftbooks.shop/kagaminonakanoboku/

❤︎Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4909138005/ref=cm_sw_r_other_apa_T1QYBbQVWTPXW

#鏡の中のぼく
#ばばけいすけ
#いじめ撲滅プロジェクト

目標の先の笑顔

引越しをして、早1週間。

片付けやら、事務的手続きも含め、やることいっぱいあり過ぎて毎晩、寝かしつけで寝落ち。

疲れで心に余裕が無くなって、イライラママがちょいちょい顔をだし、自分でも余裕ないな~と思っていた、ここ1週間でしたが、

そんな中、月曜、そして昨日、今日と2日続けてのオンラインにてコーチングの勉強。

そしてビックプロジェクトに向けてのコーチ仲間とのやりとり。

引越しで体力ゲージが削られ、イライラでモチベーションも地味に削られていたけれど、

「一緒に走る仲間」
「目標の先の笑顔」
「学ぶ楽しみ・快感」

を感じモチベーション回復。
(HPはあと10時間寝れば回復するはず)

そんな時に、バンコク時代に苦楽を共にした大切な友達から、マザーズコーチングのオリエンテーションを受けたいと、はるばるスリランカから連絡をくれました。

プロフェッショナルコーチからのギフトを胸に🎁

目標の先にある大切な人を笑顔にするために、今日何をすれば、何を決断すれば、そこへ1歩近ずけるのか、また、同じ目標を持つ仲間へ、自分が出来る貢献とは何か、イメージを膨らませて得意の妄想、いや、着想を活かしてたのしんで考えてゆきたいです。

「子ども達の未来の可能性を広げるコミュニケーション」とは

昨日の「マザーズコーチング」の勉強会から1日経ち、じわりじわりと。

正解のない子育てだから、誰にも何にも振り回されない子育てを。

イライラしても、やっちまった行動をしてしまっても、

「自分を嫌いにならない」

「自分を責めない」

そんな子育てが出来るようになれば、

きっともっと笑顔で子どもと向き合える。

とは言え、子育ては必ずしも、

いつも笑顔でいなければいけない
良いママはいつも笑顔でいなければ

それらの

「思い込み」や「決めつけ」が

自分を追い詰めてしまうと感じた私。

ママだって人間。イライラしたって、たまには爆発することだってある。感情があるから、人間。

自分の感情と、どう向き合い、受け入れるのか、

自分自身の声を聴き、心地よいと思える、自分自身を好きになる、

思考と行動の選択

をトライアンドエラーで、探し続ける。

ふとした瞬間にひらめく気づきや
じわじわ感じる自分の変化が楽しくて。

これが、私がこのマザーズコーチングを学び続け、沢山のママへ伝えたい理由です。

「子ども達の未来の可能性を広げるコミュニケーション」

とは、

ママ自身の

対自分とのコミュニケーションを通して、自分自身を大切にし、

変化を求め続ける努力をする、

そんなママの背中を見せる事で、

もしかしたら、

子ども達は自分の力で

「自分にとっての大切なもの」を

見つけてゆくのかもしれないなあ、と
1日たって、じわじわ。

正解も不正解もない、

「自分だけの子育ての軸」

見つけたいですね🍀

マザーズティーチャー
渡邉 明日香

経産省で、フジテレビでコーチを務めるあの人が!!

タイトルの通り、

経産省、フジテレビのアナウンス室、そして多くの企業にて

人材育成などのコーチを務める、トラストコーチングスクール、マザーズコーチングスクールの代表、馬場啓介コーチが、

1夜限りの

『ファザーズコーチングスクール』

を開校します。

経産省、企業、金融機関、教育機関などで研修として導入されているマザーズコーチング(ペアレンツコーチング)を、特別に

男性限定版にアレンジして、

『ファザーズコーチング』

をお届けします。

コーチングに興味がある

子育てにもっと参加したい!

子どもとの関係をもっと良くしたい

というパパさん、必見です!!

またとない機会を逃さぬよう、

私もそんなパパを心から応援しています。

馬場啓介講師による

『ファザーズコーチング』

詳細は↓↓↓

https://m.facebook.com/motherscoachingschool/photos/a.589335017851022/2213318175452690/?type=3

馬場啓介プロフィール

プロフィール